2007年09月21日

気になる症状を調べたい方はこちらから


フットセラピーで肩こりを治したい時は  

フットセラピーで肩こりを治すのにはもちろん肩のこっている部分をもみほぐすのもいいですが、足の親指と小指をもむと効果があります。

フットセラピーのもみ方は親指(あるいは小指)の爪の両側を、手の親指と人差し指でつまんでぎゅっきゅっと力を入れたり緩めたりします。

これを数分間続けては休みます。お風呂であたためながらすると効果抜群。ただし熱めの温度では入らないこと。

フットセラピーで頭痛を治したい時は

ある一定の側が痛む頑固な偏頭痛やひどい生理痛は、足の薬指の爪の両側をもんでください。

風邪のひき始めで悪寒がして頭全体が割れるように痛いときは、小指の爪の生え際を押します。

鼻の裏側で頭の奥が痛いときは、親指の爪の生え際の外側を外に向かって押します。

頭痛はいろいろな病気の信号の中でも、生死にかかわるものも含まれています。頑固な頭痛は病院にかかるようにしてください。

フットセラピーで便秘・下痢便秘・下痢を治したい時は

便秘と下痢は正反対のものと思いがちですが、実は消化器の働きが悪いという点では同じものなのです。

親指、人差し指、小指を繰り返し丹念に、一日に何回も揉むということが必要です。

偏平足の人はとくに土踏まずに刺激が強すぎて胃腸がつかれやすいので、この三つの指を常に刺激してもむといいでしょう。

また長時間歩行や青竹ふみなどで土踏まずをしっかり鍛えましょう。

フットセラピーでイライラを治したい時は

日常のいろんなストレスでいらいらしたとき、土踏まずの上の方をじっくり時間をかけて押してみてください。

心肺機能が弱っていると特に持久力がなくなりますので、お茶を飲みながら、座ってゆっくりと足の裏をもみほぐします。

それができない人は休み時間や休憩のときに靴を脱いで、パンストの上からゆっくりマッサージしてあげましょう。窓から遠くを眺めるのも効果的です。

フットセラピーで朝起きにくい症状を治す時は

寝覚めが悪いということは交感神経と副交感神経の切替がうまくいっていない、つまり自律神経の機能を活発にしてあげるといいようです。

足の裏の真中を押すと気持ちのいい場所があるはず。

そこを強くこぶしでたたいたり、押して揉んだりしてください。

イボイボの健康マット、青竹などを朝晩毎日踏むといいでしょう。外出しているときも、土踏まずを意識して歩くことが大事です。

フットセラピーで疲れ目を治したい時は

目の疲れは胃や腸の疲れが目にきているといわれています。

足の人差し指には目に通じる経路があり、よく揉んでほぐしてあげると胃腸の調子もよくなって、目の疲れも自然にとれていきます。

食欲を減退させてダイエットをしようと考えている方、足の人差し指の爪の下側あたりをとがったピンで突いたり、引っ張ったり、つねったり、痛いぐらい刺激するといいでしょう。

フットセラピーでだるさを治したい時は

すい臓が弱ってくるとインシュリンが不足し、全身の筋肉や組織に糖がまわらなくなってだるさの原因となります。

すい臓を強めるには、足の親指と人差し指を交互に揉みほぐしてください。

二つの指を曲げたり伸ばしたり、それでも直らない場合は、足の裏の真中を外側から内側に向かって押してみましょう。

根気が必要ですが、毎日続けているとだるさがとれてきます。

フットセラピーで不眠症を治したい時は

腎臓の機能が弱ってくると、体内の水が正しく排泄されず、むくんだり不眠になりやすくなります。

そんな場合、かかとを小さな金槌でトントントンとたたきます。

出張や旅先で眠れないときは、ベッドの端っこや床にかかとを打ちつけてみてください。

ただし持続的にたたくと利尿効果の方が強くでてしまいますので、長く続けず、赤くなる程度でやめておくのがいいでしょう。

フットセラピーで食欲不振を治したい時は

夏から秋にかけて特に、疲労によって胃腸の働きが低下します。

その場合は足の人差し指と同時に、土踏まずの真中あたりを親指などで指圧します。

季節に関係無く、家庭や仕事などの悩みやストレスで食べられなくなってしまった場合は、足の中指を揉みほぐすと同時に、やはり土踏まずの真中あたりを親指でおしてやります。

これで心身ともに開放され、食が進むようになるでしょう。

フットセラピーで胃弱を治したい時は

胃弱とは胃の中に食べ物がいつまでも残っているような感じのことです。

主に胃がもたれる、すっきりしないなどの症状になってあらわれます。

胃腸の消化吸収を高めるには、足の人差し指の爪の外側を刺激します。ヘアピンなどで突つくのもいいですが、お灸なども効果的です。お灸は市販の物で結構です。

無理をせず熱いと感じたらやめます。夜寝る前にこれを続けてください。

フットセラピーで冷え性を治したい時は

夏でも手足が冷たくて眠れない、そんな人は足の小指を触ってみてください。

ほかの指よりも硬くカチカチになっていませんか。

ここをお風呂などに入った時に揉みほぐしてあげましょう。

それでも直らない場合は小指の爪の下、外側に市販のお灸をすえてみてください。

また外出時でも靴を脱ぐ機会があったら、その時は必ず、小指をよく動かすようにすることが大切です。

フットセラピーで低血圧を治したい時は

まず小指全体をもみほぐします。

それから足の内側、くるぶしの下のほうをみてください。

血管が浮き出て紫色に変色していませんか。ここの部分をお風呂などで、軽石、あるいはタワシで丹念にこすって刺激を与えます。それによって低下している腎臓機能も同時にアップしてくれます。

フットセラピーでアレルギー性鼻炎を治したい時は

アレルギーは起こったときに対処する療法が多く、根本治療というのはなかなかできません。

副腎皮質ホルモンが有効といわれていますが、薬を使うより副腎の働きを活発にしてあげることが先決です。

足の裏の土踏まずの一番上、指に近いほうに、ちょっとくぼんだところがあります。

ここを症状が出たら1日数回、下から上に向かって強めに手で指圧するといいでしょう。

フットセラピーでぜんそくを治したい時は
呼吸器系が弱っているようですが、それを強めるには足をまずあたためることから始まります。

お風呂に入れないときも足だけは毎日入浴させてください。

それから足の裏の土踏まずの一番上、指に近いほうに、ちょっとくぼんだところがあります。

ここを1日数回指圧し、さらに土踏まず全体をもみほぐしたり、拳骨でたたいて刺激したりしてください。

フットセラピーで膨満感を治したい時は

食べたあとで、腸の中にガスが充満しているような感じて張ることはありませんか。

それは体全体の血液の流れが悪くなり、胃腸の虚弱から起こっている場合が多いのです。

消化吸収機能が落ちているときは足の人差し指の腹を揉んであげるのが効果的。同時に冷え性などの症状が出ている場合もあるので、足の小指が硬くなっていたら一緒に揉むといいでしょう。

フットセラピー健康法


フットセラピーでは、日常歩くことが非常に少なくなり、運動不足やストレスなどで悩む人が激増しています。

この様な社会にいつでも、どこでも、誰にでも出来るフットセラピーは手軽な健康法として期待されています。


フットセラピーとは西洋で理論体系化されたリフレクソロジー(反射療法)や中国四千年の歴史に育まれたツボ療法の経絡理論をミックスした考え方に運動生理学に基づく筋肉を緩める操法が織り込まれて考案された操法です。

足の筋肉を緩めることで、全身の筋肉が緩んできます。

その結果、脳の緊張が取れて深いリラクゼーションを味わうことができます。

深いリラクゼーションを味わうことで間脳(視床、視床下部)の働きが正常になり、自律神経の働きが調整されます。

また、視床下部の影響を受けてホルモン分泌をコントロールしている脳の下垂体も正常に働くことでホルモンバランスも整います。


フットセラピーではこの間脳調整法を最大の目的としており、自律神経が正常に働き、ホルモンバランスが正常になることで、病気ではないが体調が悪いいわゆる「不定愁訴」と言われる方に非常に有効であります。

これからの時代は予防医学の時代です。

「自分の健康は自分で守る」時代に入っています。

医療費は年々高騰し、健康保険制度は崩壊寸前です。

このような中、老後の年金制度も期待できません。

日常から医療に頼らない身体作りが大切です。

フットセラピーはこの様な時代に応える健康管理法として益々脚光を浴びています。
posted by venus at 15:11| フットセラピー健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フットセラピー資格案内


フットセラピー資格案内

ハンドセラピスト・・・指先から肩まで、腕全体のトリートメントが学べるハンドセラピスト資格認定講座です。

オリジナルのリラクゼーション手法により神経系にアプローチ、内面から筋肉を緩める手技が学べます。


ヘッドセラピスト・・・頭・顔にあるツボ、肩や首の筋肉を心地よく緩める施術を学びます。開業者にはサロンメニューにすぐに活用できます。

深いリラクゼーション・心地よい安らぎを与えるヘッドセラピー技術を習得する認定資格講座。


メディカルフットセラピスト・・・「フットセラピー」「ハンドセラピー」「ヒーリングタッチセラピー」「呼吸法」など、間脳調整(リラックス)を重視し、心とカラダをケアするメディカルフットセラピーです。

現場で手軽に活用できる手技を学び、患者さんへの助け、介護や福祉、自宅介護をされている方にもすぐに役立つ技術・知識が学べる資格講座です。


マスターフットセラピスト・・・仕事として役立てたい!より高い知識・技術を身につけたい!! という方への上級編フットセラピー講座です。オイルトリートメント手法を学び、フットセラピストとしてさらにスキルアップできる資格講座です。

JFTAトレーナー・・・自らの健康実践のほか、セラピストの育成や指導者としての幅広い活動を目指す方への認定資格講座です。

フットセラピーなどのベーシック講座編4種、またマスターフットセラピスト講座を指導できます。

マナフラフットセラピー インストラクター/トレーナー・・・
生涯現役を目指す方へ!!

ハワイ伝統のマナとハワイアン・フラ、そしてフットセラピーです。

無理なく楽しみながらできる健康運動プログラムです。教室を主宰し、指導する『インストラクター』、またインストラクターを育成する『トレーナー』、それぞれ指導者として楽しく活躍できる認定講座です。
posted by venus at 14:49| フットセラピー資格案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フットセラピーの意味とは?


フットセラピーとは、「血流を促す効果」「リンパの流れを促す効果」「神経系を正常にする効果」この3つが”フットセラピー”の基本の効果です。

肩こりや腰痛といった不快な症状を含め、多くの病気が血行不良や自律神経・ホルモン系の乱れと関係しています。

フットセラピーでおこなわれる反射区やツボ、筋肉への刺激は血行不良を改善し、全身の筋肉をやわらげ間脳をとおしてホルモンの分泌や自律神経を調整します。


「足は第二の心臓」という言葉を聞いたことがあると思います。

私たちの心臓から送り出されている血液は酸素や栄養を全身に運び、老廃物を受け取って処理し再び心臓に戻っています。

その働きのおかげで疲労が解消でき、また元気に活動することが出来るのです。

けれども手足の末端の血液を送り戻すには心臓のポンプ作用だけでは十分ではなく、それには足の筋肉の収縮作用(ミルキングアクション)があって初めて可能なのです。

また全身に存在するリンパ管は、体内の老廃物を除去し外界からのウィルス等に対抗する免疫物質を生産するなど重要な働きをしています。

このリンパは主に筋肉が動くことよって円滑に流れています。

だから血行不良により筋肉が硬直するとリンパの流れも悪化してしまうのです。

その大切な足の筋肉が衰える、または疲労が蓄積し硬直し切っている状態では当然のことながら、肩こり・腰痛・膝の痛み・疲れ目・頭痛などのさまざまな不調が発生するというわけです。

そこから病気に移行するその前に”フットセラピー”で予防することが大切なのです。

あなたの心と身体の両面から働きかけ、自然治癒力・代謝力を高めるのが”フットセラピー”なのです。

あなた自身が本来持っている力を取り戻し、元気になりましょう!!
posted by venus at 14:41| フットセラピーの意味とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。